【メディア掲載】読売新聞朝刊 2020年5月11日

2020年5月11日付けの読売新聞で「Niigata Kitchencar Boogie」の取り組みを掲載していただきました。

おかげさまで、キッチンカーオーナーからの出店希望の依頼、スペース提供者様からのご連絡が続々と集まってきています。

ご返答に少しお時間を頂くこともあると思いますが、ご了承ください。

コロナウイルスの影響で、イベントがすべて中止になり、出店場所が無くなってしまったキッチンカーオーナーを救うためにスタートした「Niigata Kitchencar Boogie」ですが、今後も新潟にキッチンカー文化を創ること目的に歩んでいきます。

今後とも宜しくお願い致します。

Niigata Kitchencar Boogieとは?

Niigata Kitchencar Boogie(ニイガタキッチンカーブギー)は、新潟県内のキッチンカーオーナーと、スペースを提供してくださる方をつなぐプラットフォーム。

コロナウイルスが感染拡大し、外出できない今だからこそ、自宅の近所にキッチンカーが来てくれたらよろこんでくれるはず。

そして、イベントが無くなり、厳しい状況に陥っているキッチンカーオーナーを応援できるはず。

そんな想いでプロジェクトはスタートしました。

コロナウイルスが終息した後も、新潟県での暮らしに当たり前のようにキッチンカーが存在する文化をつくるために活動し続けていきます。